戯言コーナー(コラム) 第6回:【日経先物トレードに必要な機能】
 

第6回:【日経先物トレードに必要な機能】 2003.11.7

【11/7 億万長者への道(日記)より 一部抜粋】

今年の9月に先物をはじめた頃には、1口建てるのに、約45万円の証拠金が必要でした。
そのため資金100万円でスタートして、日経平均が550円変動しても追証が発生せず、ある程度の持久力がありました。

証拠金の額はその時点の価格により常に変化します。(毎月更新)

現在は日経平均の上昇の為、1口84万円の証拠金がないと建てられません。
よって100万円の資金では160円の変動しか耐えられないんですよね。

適用期間         1建玉あたりの必要証拠金
平成15年10月07日〜11月07日  705,000円
平成15年11月10日〜12月04日  840,000円

これでは、ロスカットポイントの設定という話以前に持久力がなさ過ぎます。

150万から200万ぐらいはないと勝負できない状況です。

さて、日経平均先物取引はトレーダーズ証券に口座を移す予定で手続きを進めているのですが、提出書類に不備があり、手間取ってしまっています。まあ今年は軍資金を貯めることにしたので慌ててはいないのですが、早くトレイダーズに移したいですね。

トレイダーズ証券の資料請求をされた方は良くわかると思うのですが、メチャクチャいいですよ。単純な宣伝ではありません。マジな感想です。

売買手数料は4500円と現在のセンチュリー証券の4200円より高いです。またDLJの2000円より倍以上高いです。 ですが、私はトレイダーズに口座を作ることにしました。

「快適オンライントレード」でも解説していますが、日経先物取引きで欲しいと思う機能がすべてあります。

まず、逆指値。

これについては散々申し上げていますが、サラリーマントレイダーが日経先物をやるのであれば必須です。
仕掛けでも使いたいのですが、ロスカットでも必要になります。(全てWEBアプリケーションで実現)

次にステップ注文、ペア注文、ステップペア注文が使えること!

これは最初よくわからなかったのですが、説明によると

【ステップ注文】
順位のある2つの注文を同時に出し、第一順位の注文が成立したら、自動的に第二順位の注文が、有効になる注文方法です。
(仕掛けと手仕舞いを同時に注文できます。10500円買建→10800円売決済等)

【ペア注文】
同順位の2つの注文を出し、一方の注文が成立したら、他方の注文が無効になる注文方法です。
(利食いとロスカット注文を同時に出すことができます。現在 10700円 10900円利食い、10600円ロスカット注文等)

【ステップペア注文】
ステップ注文とペア注文を組み合わせ注文形態で、ステップの子注文にペア注文を指定します。
(仕掛け、利食い手仕舞い、ロスカット手仕舞いを同時に注文できます。)

サラリーマンは場に張り付いていることができず、状況に応じた売買を指示することができません。それでいて先物取引は1日で4,50万平気で動く世界ですから、作戦を立てて機械的に手仕舞いする仕掛けは絶対に必要です。 会議や外出があったり、就業中は場を見れないのですから、そこらへんをサポートしてくれるシステムは非常に助かりますよね。わたしはそこに引かれてトレイダーズにしました。

トレイダーズ証券の紹介

 

戯言コーナー(コラム)
 
トップページに戻る

 

SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO