お財布をカスタマイズ!
 

ベースとなるシステム手帳を見つけることができた。

1.お財布機能

なんといっても一番大切な機能。
この手帳は表と裏の両サイドにちょうどお札を入れることができるポケットがついていた。 そこで表側を1万円札入れにして、裏側を5千円札、千円札を入れることに決定。

クレジットカードやキャッシュカードは手帳についているポケットに4枚ほど入った。
しかしこれでは足りなり、キャッシュカードはあと2枚ほど収納したい。そこで別にカードフォルダーを購入しそちらちしまうことにした。

めったに使用しないポイントカードや会員カードは財布とは別にカードケースを購入しそちらに思い切って移した。
これでいつも使用するものを財布として持ち歩き、めったに使用しないものはガバンに入れておくことができるようになる。

2.家計簿機能

それから家計簿として使用するので、システム手帳に元から付属していたスケジュールやアドレス帳は思い切って捨てた。現在は単純な罫線のみのノートを使用中。
現在はこの家計簿フォーマットを充実させるべく日々研究中。

3.計算機能

銀色の薄型電卓(2.9mm)を購入しました。デザイン良し(スタイリッシュ)、欲を言えば、もうチョット薄いと嬉しい。いろいろ調べているのだが、薄型電卓は概ね2.9mmが限界のようだ。(高級品は調べていない)
この薄型電卓をファスナー付きポケット(半透明)に入れて使用。 気に入っている点は、ポケットに入れたままで計算をすることが可能な点、ファスナーから出す必要なし。

4.ペン

元が手帳なため、ペンホルダーが付いている。問題ない。100円ボールペンを購入、使用中。

5.レシートフォルダー(クリアポケット)

食事や買い物をするたびに受取るレシートをクリアポケットに収納可能。嫌でも目に付く。ノートに記入する気になる。
明細としてノートに記録するまで保存し。ノートに記入後、直ちにごみ箱行き。
レシートフォルダーとして使用するのもいいが、好きな写真や目標を書いた紙などを入れるのも良いと思う。

上記のカスタマイズにより、私が理想としていた家計簿機能付き財布が完成。
現在は日々の支出明細をお金を出して支払う度に記入。(めちゃ便利)
このおかげで、財布で支払い、ノートとペンを取り出し記入する煩わしさから開放され、幸せ満喫中。

あの煩わしさを一度経験していただきたい。その後に使用すると本当に幸せだから。

今度、写真を取ってお見せしたい。

今後は、家計簿(お小遣 い帳)機能だけでなく、億万長者への道が分かり、行動へと駆り立てる動機付けの機能を持たせたいと考えている。

キャッシュ・フロー分析

 
トップページに戻る

 

 

 

 

 

SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO