過去の日記

実践!億万長者プログラム 億万長者への道

2004年2月29日 (日) 11200円をめざせ。

(目次)
1.本日の日経平均(市況概況)
2.日経平均の見通し
3.「学び」と「実践」
4.明日の経済カレンダー
5.独り言

-------------------------------------------------
1.本日の日経平均先物(市況概況)
-------------------------------------------------
2/26  OSAKA 10740,10830,10690,10820,40606
    CME  10800,10875,10785,10865, 2273

2/27  OSAKA 10860,11080,10850,11040,74901
    CME  11025,11090,11025,11075, 3429

日記遅くなってしまってごめんなさい。さて金曜日ですが、皆さんのご存知の通り大幅上昇となりました。注目する点は外資系証券は寄り付き時に大幅な買い越しだった点です。明らか当日の上昇を知っていたかのような行動でしたね。大きな買いがある事をしっていたのでしょうか。もう一点は、11000円を回復したことです。11000円回復後は上昇も重くなり、後場は更に上値を追う展開には繋がりませんでした。しかし、下がらずしっかりとした貴重で場を終えたことは、来週へのつながりを感じさせられました。

-------------------------------------------------
2.日経平均の見通し
-------------------------------------------------
あえて言わせていただきます。予想通りでした。一番理想としていた形になりました。さてここからですが、私は強気で考えています。11200円〜11250円をこの上昇でマークすると考えています。11250円を越えた場合は、昨年から何度も挑戦していた高値越えとなりますので、節目が存在しないため、急激な上げになる可能性もあります。
私のポジション:買玉ホールド

-------------------------------------------------
3.「学び」と「実践」
-------------------------------------------------
本日はお休みです。

-------------------------------------------------
4.明日の経済カレンダー
-------------------------------------------------
27日(金)
 2月自動車販売台数(自販連)
 1月米個人所得・支出
 1月米建設支出
 2月米ISM製造業景況指数

-------------------------------------------------
5.独り言
-------------------------------------------------
現在は上昇波動です。来週も上げという読みでいます。
外資系証券が売りに転じるまで、MACDヒストグラムが下降に転じるまで、買玉は維持します。

株・投資ランキング

2004年2月26日 (木) めずらしく波動が合っています。

(目次)
1.本日の日経平均(市況概況)
2.日経平均の見通し
3.「学び」と「実践」
4.明日の経済カレンダー
5.独り言

-------------------------------------------------
1.本日の日経平均先物(市況概況)
-------------------------------------------------
2/25  OSAKA 10640,10730,10610,10680,38245
    CME  10630,10670,10610,10660, 2757

2/26  OSAKA 10740,10830,10690,10820,40606

昨夜のUS高を受け、寄り付きから高く始まりました。後場に入ってからもきれいな曲線を描きながら上値を追いかけました。引けまで上昇は続き、10820円(140円高)で終わりました。本日は外資は買い越し。

-------------------------------------------------
2.日経平均の見通し
-------------------------------------------------
MACDヒストグラムは上昇に転換。ゴールデンクロス直前となっております。昨日がデッドクロスでしたので、突然の転換となりましたが、私が想定している一番の理想的な展開となりました。やはり相場は上と見ます。流れに素直についていきたいと考えています。

-------------------------------------------------
3.「学び」と「実践」
-------------------------------------------------
今年の日本の株式は上昇するという読みが前提にあります。その上で3月決算期における売り圧力が徐々に減少し、需給環境が好転すると見ております。その前提で現在のチャートを眺めた上での分析をしております。(色眼鏡で見ていることを否定しません。)この上昇のゴールは11200円と見ておりますが、前回の波動は、ブル・ベアの力関係では、2月18日でヒストグラムが減少しだしましたので無理と読みました。そこで売りのヘッジ玉を建て、次の上昇の準備をしていました。何時ヒストグラムが上昇に転じるかを注目していました。昨日の引けのチャートの形、USの数日における下落を受け、昨夜はそろそろ好転するという博打に出たわけです。本来であれば本日の上げを確認して、引けで勝負に出るべきなのですが、今回は当たってよかったです。

-------------------------------------------------
4.明日の経済カレンダー
-------------------------------------------------
27日(金)
 月労働力調査(総務省)
 1月全国消費者物価指数(総務省)
 1月勤労者世帯家計調査-消費支出(総務省)
 1月鉱工業生産速報値(経済産業省)
 1月米新築住宅販売件数
 第4四半期米GDP速報値
 第4四半期米GDPデフレータ
 第4四半期米個人消費
 2月米ミシガン大消費者信頼感指数確報値
 2月米シカゴ購買部協会景気指数

-------------------------------------------------
5.独り言
-------------------------------------------------
また明日。

株・投資ランキング

2004年2月25日 (水) そろそろ。

(目次)
1.本日の日経平均(市況概況)
2.日経平均の見通し
3.「学び」と「実践」
4.明日の経済カレンダー
5.独り言

-------------------------------------------------
1.本日の日経平均先物(市況概況)
-------------------------------------------------
2/24  OSAKA 10830,10860,10630,10660,54673
    CME  10630,10670,10610,10660, 2757

2/25  OSAKA 10640,10730,10610,10680,38245

前場の急激なリバウンドは凄かったですね。下げだけでなく、上げの力も強いですね。しかしながらこの時間帯は、息切れも起こりやすく。急激な切り返しとはなりませんでした。後場にかけてなさけないほどの下落、引けにかけて強気の買いも入り、昨日より20円高く10680円で終わりました。
外資は依然として売り越し。

-------------------------------------------------
2.日経平均の見通し
-------------------------------------------------
MACDヒストグラムは本日マイナスゾーンに突入しました。デッドクロスとなりましたので、「売りから入りましょう」と言いたいところですが、ここからの売りは危険と考えています。USはとうとう下げが鮮明になってきましたが、そろそろ多少の戻りがあってもいい時間帯です。今夜のUS次第ですが、明日の寄り付きがいくらから始まるか注目しています。日経を見ていますと、下げはだらだら、上げは強く動いていますので、売り仕掛ける向きは少なく感じました。短期の押しとなるか注目しましょう。

-------------------------------------------------
3.「学び」と「実践」
-------------------------------------------------
本日は休みです。

-------------------------------------------------
4.明日の経済カレンダー
-------------------------------------------------
26日(木)
 1月米耐久財受注
 1月米新規失業保険申請件数

-------------------------------------------------
5.独り言
-------------------------------------------------
私の日記を見てくれて感想をいただくと頑張らねばと感じてしまいますが、みなさん私に騙されていますよ。私のコメントを参考にしてはいけません。
さてそろそろ次の上昇の準備をしなければなりません。私は今回の押しは浅いと感じています。大きく見ると相場はかなり煮詰まっています。一応10580円前後が今回の押し目と思っておりますが、どうですかね。私は売りのヘッジを本日外しました。実は一日早かったと悔やんでおります。まあ儲りましたが。早く11500円になり上値を追う展開ならないですかね。2月マーケットもあと2日。

株・投資ランキング

2004年2月24日 (火) チャートは個人的なもの。

(目次)
1.本日の日経平均(市況概況)
2.日経平均の見通し
3.「学び」と「実践」
4.明日の経済カレンダー
5.独り言

-------------------------------------------------
1.本日の日経平均先物(市況概況)
-------------------------------------------------
2/23  OSAKA 10750,10900,10730,10890,45649
    CME  10875,10895,10805,10860, 2678

2/24  OSAKA 10830,10860,10630,10660,54673

昨日の上げがなければ自然な下落でしたが、昨日の上げがあった為、かなりキツイ陰線となりました。下げの要因は様々ですが、相場を動かすのはニュースではなく、ブル・ベアの力関係であると改めて感じました。

-------------------------------------------------
2.日経平均の見通し
-------------------------------------------------
MACDヒストグラムは下げに再転換。またラインはデッドクロス直前(ほぼデッドクロス)となっています。これからは迷いの時間帯となります。つまり週足の動きと、日足の動きが逆行となりますので、大きなトレンドが上を向いているのか、下を向いているのかを見極めなければ、これからの行動を決めることは難しいと言えます。私は上と見ていますので、ここからの下げは上昇局面での押しと考えます。理想としては明日の下げで終わり、長くても明後日。金曜日にはある程度値を戻し、週足のヒストグラムは上昇を継続するというシナリオです。一応、私なりの相場の捉え方ですが、あてにしないで聞いてもらいたいですね。現在言えることは、本日、短期ブル・ベアの力関係が拮抗したということだけです。明日なんてどうとでも変わる。

-------------------------------------------------
3.「学び」と「実践」
-------------------------------------------------
急激な円安にビックリしましたね。朝起きて、「何じゃこりゃ!」と騒いだのは私だけではないと思います。本日、昨日と外資のポジションが売り優勢となっていますが、円安リスクを警戒した動きであると思います。円建ての資産が目減りする可能性がありますからね。しかし今回の円安は国の経済状態に逆らったものであり、一時的なものである可能性があります。110円程度までの戻しは当然考えられる範囲でありますが、これを調整と捉え、外資の動向に注意を払っておくことが重要ではないでしょうか。裁定解消売りが進み、外資と邦人の流れが一致したとき、相場が大きく上向くはずです。その流れを見逃さないように注意したいと考えております。

-------------------------------------------------
4.明日の経済カレンダー
-------------------------------------------------
25日(水)
 1月企業向けサービス価格指数(日銀)
 1月米中古住宅販売件数

-------------------------------------------------
5.独り言
-------------------------------------------------
一目均衡表、エリオット、酒田罫線と波動の形を分析するものがありますが、同じチャート、分析手法を用いても、人によって捉え方が異なることがあります。チャートの見方はきわめて個人的なことです。チャートは過去の動きを調べる為のものであり、チャートの右側にある未来は、予測できるものではなく、あくまでもこうなるであろうという、戦略を立てる上での考え方の基礎に過ぎません。短期的にベアの時間帯に突入したと考えておりますが、そんなことはなんの意味もありません。どうするかが重要なのです。私は今回の短期下げ波動が上昇に転じたとき、売りのヘッジを外すだけです。

株・投資ランキング

2004年2月23日 (月) 上昇

(目次)
1.本日の日経平均(市況概況)
2.日経平均の見通し
3.「学び」と「実践」
4.明日の経済カレンダー
5.独り言

-------------------------------------------------
1.本日の日経平均先物(市況概況)
-------------------------------------------------
2/20  OSAKA 10730,10770,10680,10720,30967
    CME  10760,10810,10680,10790, 3074

2/23  OSAKA 10750,10900,10730,10890,45649

高値保ち合いから、とうとう上に抜けてきました。相場の関心は11000円をマークするかどうかに移ってきています。日経指数は後場は狭いレンジでの展開となりましたが、引けは先高期待により10890円という高値引けとなりました。注目点は外資の寄り付き動向が売り越しに転じたことです。やはり円安リスクを警戒した動きであると思います。

-------------------------------------------------
2.日経平均の見通し
-------------------------------------------------
MACDヒストグラムは本日の上昇で上向きに転じました。市場が調整を待ちきれなかったといえます。出来高を落としながらの調整、蓄積されたエネルギーは円安、新生銀行という新しい潮流を前向きに受け止め、上に放たれました。さて明日の展開ですが、上昇局面は短期的には最終局面となっています。明日の寄り付きが高ければ、そのあたりが目先のピークではないでしょうか。(非常に無責任な予測です)その後、短期的な押しがあり、再度上昇を始めるという読みでいます。12000円を目指す上昇は今回の波動では無理ではないでしょうか。

-------------------------------------------------
3.「学び」と「実践」
-------------------------------------------------
本日は休みです。

-------------------------------------------------
4.明日の経済カレンダー
-------------------------------------------------
24日(火)
 1月米消費者信頼感指数

-------------------------------------------------
5.独り言
-------------------------------------------------
アマゾンで指輪物語関連の書籍を4冊ほど購入しました。
「中つ国」歴史地図
シルマリルの物語
終わらざりし物語(上)
終わらざりし物語(下)

映画、ロード・オブ・ザ・リングのおかげで、日本語訳版も充実してきたので、非常にありがたいです。
指輪物語を読んだのは高校生の時、あれから17年、私は一ファンとして指輪物語のバックボーンとなっている歴史を味わうこととします。(原書は以前から持っていたんですが、英語力が未熟な為、最後まで読む気力が続きませんでした。)
あとは、3部作のDVDボックスが発売されるのを待つのみです。

株・投資ランキング

2004年2月21日 (土) 円安加速

(目次)
1.本日の日経平均(市況概況)
2.日経平均の見通し
3.「学び」と「実践」
4.明日の経済カレンダー
5.独り言

-------------------------------------------------
1.本日の日経平均先物(市況概況)
-------------------------------------------------
2/19  OSAKA 10780,10820,10720,10760,39223
    CME  10740,10760,10715,10760, 2286

2/20  OSAKA 10730,10770,10680,10720,30967
    CME  10760,10810,10680,10790, 3074

新生銀行の影響で相場が左右されているとの意見が出ていますが、現在は上昇局面の高値保ち合いです。売り買い交錯の時間帯ですが、出来高を減少させながら調整を進めています。買い上がる力はありませんが、しっかりとした相場展開ではないでしょうか。

-------------------------------------------------
2.日経平均の見通し
-------------------------------------------------
MACDヒストグラムは本日も下げの時間帯です。あと1日か2日でマイナスに転じると思われます。問題はどの程度押すのかという事ですが、値幅に関しては非常に読みにくい面があります。一週間が終わり、週足MACDヒストグラムは上昇に転じましたので、これからの下げは上昇局面の押しと捉えたいと思います。目先、来週月曜日に関しては非常に読みづらいのですが、20日のCMEが堅調に推移していることから高値で寄ると思われますが、急激な円安により外資がポジションを落とすかどうかが、一番の注目点です。ポジションは静観が正解ではないでしょうか。

-------------------------------------------------
3.「学び」と「実践」
-------------------------------------------------
本日は休みです。

-------------------------------------------------
4.明日の経済カレンダー
-------------------------------------------------
23日(月)
 日銀金融政策決定会合議事録(日銀)

-------------------------------------------------
5.独り言
-------------------------------------------------
うがいをして薬を飲んだら、風邪はあっさり治ってしまいました。よかったです。
それにしても円安の流れが加速していますね。自分は今年は円高に向かうと思っていましたので、ここまで強い戻りがあるとシナリオが狂ってしまいます。外資の投資動向にも影響を与えますし、読みづらくなりましたね。日本経済はまだまだ苦しい状況だけど、立ち直りの兆しも見え始めてるし、政治の舵取りだけに頼るのは止めて、一人一人が踏ん張って、自分のキャッシュフローを改善する事が一番かね。株でもそうだけど、人任せのやり方では結局、勝てないね。

株・投資ランキング

2004年2月19日 (木) 円安。ユーロ安。

(目次)
1.本日の日経平均(市況概況)
2.日経平均の見通し
3.「学び」と「実践」
4.明日の経済カレンダー
5.独り言

-------------------------------------------------
1.本日の日経平均先物(市況概況)
-------------------------------------------------
2/18  OSAKA 10770,10800,10670,10700,42764
    CME  10740,10760,10715,10760, 2286

2/19  OSAKA 10780,10820,10620,10760,39223

急激な円安、新生銀行の上場と展開が読みづらい一日でした。そんな中でも10820円と昨日の高値を更新したこと、引値でも上向いている事から、相場の強さを感じます。

-------------------------------------------------
2.日経平均の見通し
-------------------------------------------------
MACDヒストグラムは本日も下げの時間帯です。いつ崩れてもおかしくない時間帯ながら、日経平均は上値を追っています。この様なケースでは、ヒストグラムがプラス圏にいる間は、株価は上昇する傾向があります。そのようなシナリオの場合、あと2日・3日は日経平均は上値を追うかもしれません。しかしながら非常に難しい時間帯が続いています。大きな資金を動かす主体が描くシナリオは何か?しばらく悩まされそうな状況ですね。

-------------------------------------------------
3.「学び」と「実践」
-------------------------------------------------
急激な円安が進行中です。市場にあらたな主役を演出する材料が出てきました。よって明日以降再び輸出関連企業が注目され始めます。10800円を超す大義名分ができたかもしれませんね。私は今週強気と先日書きましたが、結構今の相場にクエッションの人も多いようです。そのような人がいる中で、株価が上昇している場合は要注意です。我々の知らない何かが起こっているのか、注意しましょう。

-------------------------------------------------
4.明日の経済カレンダー
-------------------------------------------------
20日(金)
 12月第3次産業活動指数(経済産業省)
 1月米消費者物価指数

-------------------------------------------------
5.独り言
-------------------------------------------------
油断した。風邪を引いたようです。
早く寝ればいいものを、気づいたらこの時間になってしまいました。仕事も忙しいですし、週末はゆっくりしたいですね。

株・投資ランキング

2004年2月18日 (水) 転換

(目次)
1.本日の日経平均(市況概況)
2.日経平均の見通し
3.「学び」と「実践」
4.明日の経済カレンダー
5.独り言

-------------------------------------------------
1.本日の日経平均先物(市況概況)
-------------------------------------------------
2/17  OSAKA 10550,10720,10520,10670,47836
    CME  10720,10780,10680,10710, 2788

2/18  OSAKA 10770,10800,10670,10700,42764

本日も外資は買い越し。GDPのサプライズもありましたが、折り込み済みの為かパッとしませんでしたね。まあ、ニュースで株価が動くと思っているのは素人ですがね。US高、サプライズで寄天というわかりやすい結末でした。

-------------------------------------------------
2.日経平均の見通し
-------------------------------------------------
MACDはとうとう下げに入りました。明確な下げというほどではありませんが、上げ進む強い傾きはなくなりました。MACDラインはまだ上げの余地を感じさせますが、確実に上がるところでとるというスタンスであれば、警戒ゾーンです。明日以降のシナリオは読みづらいのですが、GDPの結果でも分かるように、日本経済は改善されつつあります。本日も株価の下値は切り上がってきていますので、このまま下落に転じるかというと、そのシナリオも難しいのではないでしょうか。なにより、週足ベースで改善の動きがある以上、短期間の調整と見た方がいいと思っています。さらなるジャンプ前の準備なのか、短期波動がここで転換するのか注目です。私はMACDヒストグラムの下降を受け、引けでつなぎ売りをしました。明日が上がる可能性も十分ありますので、売り一辺倒になる地合いでもないと思っております。

-------------------------------------------------
3.「学び」と「実践」
-------------------------------------------------
GDPの結果は私の中では十分サプライズでした。私以上にこの結果をシビアにとらえるのは海外投資家だと思います。双子の赤字、上げ過ぎの米国株式市場よりはるかに安全な投資先ですし、なにより円高、ドル安が進む中で、日本マーケットは魅力的な投資先だと思います。本日は思ったほど上がりませんでしたが、世界の投資資金は確実に日本に集まってくるのではないでしょうか。さて、なぜ本日買い上がりきれなかったかのでしょうか?大きな買いが続かなかった為ですよね。利益確定の動きと言えばそれだけですが、本日の弱さは注意が必要だと思います。上がると思うから買い進むのであって、上がると思わなければ買わないはずです。では本日買い上がれない理由はなにか、短期的には目標である10800円を達成したからではないでしょうか。この水準は非常に大きな節目があり、爆発的な材料が無い限り、おいそれと越えていく事ができません。目先ポジティブな材料も見当たらない事から、2月4日から頂点とした上げ波動も一時休息のタイミングとなったようです。

-------------------------------------------------
4.明日の経済カレンダー
-------------------------------------------------
19日(木)
 1月米生産者物価指数
 米新規失業保険申請件数
 1月米景気先行指数
 2月米フィラデルフィア連銀景況指数

-------------------------------------------------
5.独り言
-------------------------------------------------
本日は日記が遅くなってしまいました。映画を見てきました。その話はまた後日。

株・投資ランキング

2004年2月17日 (火)

(目次)
1.本日の日経平均(市況概況)
2.日経平均の見通し
3.「学び」と「実践」
4.明日の経済カレンダー
5.独り言

-------------------------------------------------
1.本日の日経平均先物(市況概況)
-------------------------------------------------
2/16  OSAKA 10560,10620,10530,10540,30005

2/17  OSAKA 10550,10720,10520,10670,47836

本日も外資は大幅な買い越しで始まりました。確実にポジションを作り始めました。彼らに何が起こっているのでしょうか?UFJショックから始まった下落も、決着がついたからかも知れません。政治的な動きは不明瞭ですが、チャートの動きは明確です。引けにかけて先物は売られましたが、順調な上げだと思います。

-------------------------------------------------
2.日経平均の見通し
-------------------------------------------------
上げの時間帯は継続中。ここまでは強気で見ていたので予想通りです。難しいのはここからです。現在は22日EMAを突破した所です。
考えられるシナリオは、
。横夏EMA上5%チャネルまで上昇。(約11150円)
■横夏EMA下5%チャネルまで下落。(約10000円)
もしこのまま上昇基調のまま今週を乗り切ることができれば、週足MACDヒストグラムは上昇に転じますので、中期波動としも上昇が期待できます。その場合、2、3週間はトレンドが継続しますので、11500円乗せもあると思います。シナリオ,箸靴討癲日足波動一回ではたどり着けないと思いますので、もう一噴きした後、調整、そして上昇と考えるのが妥当ではないでしょうか。強気一辺などとアホなことは思わず、今回の波を見極めながらポジショニングしたいと思います。
先ずは短期波動を注視し、この上昇波動が下向きに転じるまではポジションホールド、下向きに転じた場合はつなぎ売り。週足波動が下に転じたら、ドテン売りに転換したいと思います。

-------------------------------------------------
3.「学び」と「実践」
-------------------------------------------------
センチメントが強気に変わりつつありますが、値が上がると売りたくなる個人投資家も多く、まだまだ上げの余地があるのでしょうか。この水準では、警戒しだす人も多いようですね。10700円から10800円まではチャート上の節目でもあり、ここを突破するのは一筋縄ではいかないでしょう。短期波動ではまだ少し上げの余地がありますので、是非突破してもらいたいものです。

本日の学び
「マーケットの魔術師」2回目精読中

-------------------------------------------------
4.明日の経済カレンダー
-------------------------------------------------
18日(水)
 第4四半期実質GDP1次速報(内閣府)
 1月米住宅着工件数
 1月米建設許可件数

-------------------------------------------------
5.独り言
-------------------------------------------------
相場は怖いものであることを忘れないように。
大勢とは反対に動く、しかしトレンドは継続する。

株・投資ランキング

2004年2月16日 (月) 指輪物語

(目次)
1.本日の日経平均(市況概況)
2.日経平均の見通し
3.「学び」と「実践」
4.明日の経済カレンダー
5.独り言

-------------------------------------------------
1.本日の日経平均先物(市況概況)
-------------------------------------------------
2/13  OSAKA 10460,10570,10410,10560,43843
    CME  10550,10630,10475,10500, 3556

2/16  OSAKA 10560,10620,10530,10540,30005

本日の注目は、なんと言っても外資の寄り付き注文が大幅な買い越しに転じたことでしょう。その影響もあり、寄り付き後は上昇を演じましたが、その後下げ狭いレンジでの値動きとなりました。

-------------------------------------------------
2.日経平均の見通し
-------------------------------------------------
上げの時間帯は継続中。短期のリバウンドであれば本日も大きく上昇しなければなりませんが、22日EMAにタッチした時点で収束してしまいました。このまま下げに転じる可能性もあります。
本日は短期的な調整と見ることができますが、出来高が細っていったのは良い傾向だとおもいます。短期的な上昇局面で出来高が細りながらの保ちあいは、大ジャンプにつながることがあります。出来高が増えながらの保ちあいは、相場の反転になることが多いのです。
油断は出来ない状況ですが、今週は上げの時間継続と考えます。
上げるには、売りの存在が不可欠なんですよ。

-------------------------------------------------
3.「学び」と「実践」
-------------------------------------------------
センチメントは強気の意見がでてきました。大勢が強気になりすぎれば、その時点で相場は終焉する可能性が高くなります。なぜなら売りが出なくなるからです。売りが出なくなると、益々相場は上昇しますが、出来高が細くなっていくからです。出来高を伴わない上昇は、需給関係の悪化であっという間に下げに転じてしまうからです。つまり一方にセンチメントが傾くと相場が反転しやすくなるのです。

-------------------------------------------------
4.明日の経済カレンダー
-------------------------------------------------
17日(火)
 12月景気動向調査改訂値(内閣府)
 1月米鉱工業生産
 1月米設備稼働率

-------------------------------------------------
5.独り言
-------------------------------------------------
「指輪物語−王の帰還」が公開されましたね。早く見たくてたまらないのですが、長時間の映画なので平日は厳しそうです。土日は混みますし、悩ましいですね。20:30開演の場合、終了は24:10だそうです。
仕事帰りに見に行くにはちと辛いです。

株・投資ランキング

2004年2月15日 (日) 今週も頑張ります。

(目次)
1.本日の日経平均(市況概況)
2.日経平均の見通し
3.「学び」と「実践」
4.明日の経済カレンダー
5.独り言

-------------------------------------------------
1.本日の日経平均先物(市況概況)
-------------------------------------------------
2/12  OSAKA 10490,10560,10450,10450,53565
    CME  10495,10495,10420,10445, 1748

2/13  OSAKA 10460,10570,10410,10560,43843
    CME  10550,10630,10475,10500, 3556

週末金曜日の相場は、久々に気持ちのいい陽線を引きましたね。外資の寄り付き注文は売り優勢でした。その為寄り付き後は10410円まで値を落としましたが、場が引けるまで堅調に値を上げました。

-------------------------------------------------
2.日経平均の見通し
-------------------------------------------------
短期指標は上げに転じています。MACDの週足は下げを継続していますが、来週にかけて改善する動きを始めました。来週の展望ですが、私はかなり強気でみています。私が述べる強気とは、過熱感を伴う値の上昇局面ではなく、値が下がりづらい、上げの時間帯ということです。日足での短期の波と週足での波は当然異なった動きをします。短期のMACDヒストグラムは後数日(1・2日)は上げの動きを期待させます。週足は来週から上げの時間帯と考えれば、短期と中期の波動が一致する瞬間が、一番確実に上昇を見込めると考えています。週足の波動が上げの時間帯は買いを中心に組み立てていくことが大事です。
弱気が続きながらの上昇を期待。

-------------------------------------------------
3.「学び」と「実践」
-------------------------------------------------
本日はお休みです。

-------------------------------------------------
4.明日の経済カレンダー
-------------------------------------------------
16日(月)
 US市場休み

-------------------------------------------------
5.独り言
-------------------------------------------------
毎日アクセスしていただきありがとうございます。私は株の専門化でもプロでもありません。単なる個人投資家です。この日記は私の相場技術の向上の為に始めたものです。私は昔から継続して一つのことを続けるのが苦手で、その為、身にならないところがありました。皆さんにこの日記を見ていただいて、掲示板でやり取りをすることによってなんとか継続しています。私の相場予測は上げの時間帯、下げの時間帯をブル・ベアの力関係から予測しています。中心となるテクニカル指標は、MACDヒストグラムです。一目均衡表、ストキャスティクス、エンベロープ、RSIなども参考にしながら力関係を見ています。これらの作業を今後何年も継続することによって、多少なりとも相場というものを理解できたらと考えています。今週も頑張りますので宜しくお願いします。m(_ _)m

株・投資ランキング

2004年2月12日 (木) ソフトバンク

(目次)
1.本日の日経平均(市況概況)
2.日経平均の見通し
3.「学び」と「実践」
4.明日の経済カレンダー
5.独り言

-------------------------------------------------
1.本日の日経平均先物(市況概況)
-------------------------------------------------
2/10  OSAKA 10430,10460,10290,10370,49613
    CME  10410,10480,10390,10470, 1569

2/11  CME  10450,10525,10440,10495, 1845

2/12  OSAKA 10490,10560,10450,10450,53565

相変わらずの東京マーケットだね。本日は80円高と価格だけを見れば堅調な日だけれど。陽線描ききれないところに、弱さがありますね。まあSQを前に波動が崩れる昨今だけれども、外資もポジションを落としてきているし、強気になれない弱い展開でした。

-------------------------------------------------
2.日経平均の見通し
-------------------------------------------------
MACDヒストグラムは本日も上昇。2月4日以来5日間の上昇となっています。またゴールデンクロスとなりました。まだまだセンチメントは弱気が多い段階ですが、仕掛けなければならない日に仕掛けられないようでは、利益もとれないかね。まあ無理して攻めれる段階ではないだけに、おっかなビックリ試し玉を入れ始めるのが、正解かなと思います。さて難しい明日だけど、強気の買いはまだまだ期待薄だし、サプライズなければ厳しいのかね。
しかしサプライズは起こりました。明日のマーケットは活気づくでしょう。ソフトバンクの決算が市場予測を上回るスピードで改善していることです。個人投資家が活気づくことは間違いないですし、なにより黒字転換が射程圏に入ったのがおおきわな。最近の日経指数はソフトバンクと銀行にセンチメントが左右されるだけに影響はあるわな。
まあじっくり観察しましょう。
昨日の段階でゴーサインを出していただけに、まあなんとタイミングの良いことかと思いましたわ。

-------------------------------------------------
3.「学び」と「実践」
-------------------------------------------------
本日はお休みです。

-------------------------------------------------
4.明日の経済カレンダー
-------------------------------------------------
13日(金)
 SQ
 12月鉱工業生産確報値(経済産業省)
 11月商業販売統計確報値(経済産業省)
 12月米貿易収支
 1月米輸入物価指数
 2月米ミシガン大消費者信頼感指数速報値  

-------------------------------------------------
5.独り言
-------------------------------------------------
個人投資家に人気のソフトバンクだけに、明日は過熱するだろうね。ソフトバンクは継続的な収益構造なので、しばらく東京マーケットを引っ張るだけの力はあるかもしれないね。さてと明日に備えてじっくり休もう。

株・投資ランキング

2004年2月11日 (水) 建国記念の日

(目次)
1.本日の日経平均(市況概況)
2.日経平均の見通し
3.「学び」と「実践」
4.明日の経済カレンダー
5.独り言

-------------------------------------------------
1.本日の日経平均先物(市況概況)
-------------------------------------------------
2/ 9  OSAKA 10550,10590,10350,10380,57146
    CME  10420,10455,10405,10445, 2164

2/10  OSAKA 10430,10460,10290,10370,49613
    CME  10410,10480,10390,10470, 1569

USは元気だね。CMEは堅調だし。それに引き換え日本は弱いわな。2月相場は需給面できついからね。今日の展開は10290円から反発して終わった事はでかいと思う。さすがに陽線を描くまでは戻らないけどね。なんとか土俵際で踏ん張ったチャートです。PKOもいいタイミングで入ったようですね。

-------------------------------------------------
2.日経平均の見通し
-------------------------------------------------
MACDヒストグラムは本日も上げています。日経先物は10円安でしたね。売りの力はほとんどなくなりつつあります。MACDラインもゴールデンクロス直前です。
昨夜のCMEは強気で動いたので、SQで10,000円を狙う仕掛け的な売りは、あきらめるのではないでしょうか。よって木、金は反動で戻りを試す動き、MACDはゴールデンクロスとなり攻めの合図です。
上げの時間帯が何処まで続くか分かりませんが、日経を上げと見るのであれば、ここら辺が仕掛けどころだと思います。

-------------------------------------------------
3.「学び」と「実践」
-------------------------------------------------
本日はお休みです。

-------------------------------------------------
4.明日の経済カレンダー
-------------------------------------------------
12日(木)
 1月企業物価指数速報値(日銀)
 12月国際収支状況速報値(財務省)
 12月機械受注統計(内閣府)
 米新規失業保険申請件数
 1月米小売売上高
 12月米企業在庫
 1月米月次財政収支

-------------------------------------------------
5.独り言
-------------------------------------------------
今日はお休みですね。みなさんいかがお過ごしですか?私はのんびりデーとなりました。今週末はいろいろと慌ただしいので、今日はゆっくりしています。
さて、昼飯を考えるかね。

株・投資ランキング

2004年2月9日 (月) G7が終わり、波乱の週が始まりました。

(目次)
1.本日の日経平均(市況概況)
2.日経平均の見通し
3.「学び」と「実践」
4.明日の経済カレンダー
5.独り言
-------------------------------------------------
1.本日の日経平均先物(市況概況)
-------------------------------------------------
2/ 6  OSAKA 10490,10500,10400,10440,44436
    CME  10440,10575,10440,10545, 2047

2/ 9  OSAKA 10550,10590,10350,10380,57146

激しい一日だったな。寄り付き高、引け安。
(詳しくは日経平均の見通しにて。)

-------------------------------------------------
2.日経平均の見通し
-------------------------------------------------
週末にいろいろなシナリオを用意していましたが、一番可能性が高そうなシナリオで落ち着きました。
短期では上げの時間帯が継続しています。本日も日足のMACDヒストグラムは上昇しています。この場合の値動きパターンは2つあります。
ヽ価上昇 ∧櫃噌腓
相場が弱い場合は△箸覆蠅泙后そして週足ベースでは下げの時間帯ですので、短期の上げの時間終了とともに株価は下落します。
現在は売りの力は弱いものの、売り優勢の局面が続いています。
本日の外資系証券の寄り付きは140万株の売り越しとなっています。先週末のUS高にも関わらず、この弱気な姿勢はまだ買うタイミングではないと判断している為です。現在の日本は裁定買残の清算期間ということもあり、海外の資本流入無くしては、上昇が難しい局面です。
売らなければならない投資主体の売りが済むまで、じっと身を潜めています。弱気を飲み込む、大きな需給はまだしばらく後ではないでしょうか。
本日はヘッジの売りをするには絶好のタイミングだったのですが、流れを読んでいながら建てられませんでした。10580円の指値で建てたのですが、タイミングが一歩遅かった。せっかくのチャンスだったのに無念です。
今週、来週と我慢の時間が続きそうです。現在の価格帯は一目均衡の雲の上ですので、10000円を狙う仕掛け売りが勝つか、節目を守るかの戦いが始まります。

-------------------------------------------------
3.「学び」と「実践」
-------------------------------------------------
週末は2000年のデータで先物売買を繰り返していました。自信をもって判断できるタイミングが増えてきました。所詮練習に過ぎないのですが、値動きをチャートで追うだけでなく、判断しながらチャートをみるという練習は有意義です。私は練習する為のプログラムを自分で書きましたが、みなさんも自分なりに工夫して取り組んで見たらいかがでしょう。

-------------------------------------------------
4.明日の経済カレンダー
-------------------------------------------------
10日(火)
 1月月次消費動向調査(内閣府)
 12月全世帯家計調査-消費支出(総務省)

-------------------------------------------------
5.独り言
-------------------------------------------------
先週末の土曜日、初めて「キャッシュフロー101」というゲームをやりました。皆さんご存知ですか?「金持ちお父さん」のロバート・キヨサキが発案したゲームです。株式サイト仲間のスイカ太郎さん、錬金術師さん、古狸さんと一緒に勉強させてもらいました。私は「飛行機パイロット」という高所得なキャラクターで参加したのですが、私だけがラットレースから抜け出せなかったのです。私が未熟だった為なのですが、もう一つ理由を挙げるならば、そのキャラクターの支出額が異常に高かったためです。
ラットレースを抜け出すには、総支出額を不労所得が上回ることが条件です。他プレイヤーの支出額が2000ドルだとしても、私のプレーヤーの支出額は7000ドル以上だったのです。その為、皆と同じプレーをしていても抜け出せなかったのです。
私が取るべき行動は、収入の優位性を生かして、いち早く他のプレーヤーより高額な投資先を探すことだったと反省しています。
非常に勉強になるゲームでした。一点意見を言わせていただくなら、株式を1ドルで購入できるカードがあるのですが、これは著しくゲームバランスを崩します。ルールを追加した方が面白いのではないかと思いました。例えばそのカードを引いたら、サイコロを1つ振ってその目で購入できるとか。
カードの存在を知ってしまった今では、次回のゲームでは全員がそのカード狙いの戦略を取ることは目に見えてますので。1円で購入した株を30円で必ず売れることが分かっていれば、だれでも買いますよね。現実では1円で買った株は会社がつぶれるリスクの方が高いですからね。

株・投資ランキング

2004年2月6日 (金) 厳しい週だった。

(目次)
1.本日の日経平均(市況概況)
2.日経平均の見通し
3.「学び」と「実践」
4.明日の経済カレンダー
5.独り言
-------------------------------------------------
1.本日の日経平均先物(市況概況)
-------------------------------------------------
2/ 5  OSAKA 10370,10480,10350,10470,45866
    CME  10500,10540,10480,10495, 1730

2/ 6  OSAKA 10490,10500,10400,10440,44436

盛り上がったのは最初と最後だけ。あとは10450円を中心としたボラの少ない一日でした。今日の感想は大きな売りが止んだかな。目先下がるとの見方も多く、10450円より上にはしっかりと売りが待ち構えていましたね。

-------------------------------------------------
2.日経平均の見通し
-------------------------------------------------
さてと本日も分析してみっかな。MACDヒストグラムは上げの時間となっています。ベアの衰えが見えてきましたね。よってここからの大きな下落は起こりづらい時間帯といえます。G7が控えていますので、大きな動きは控えられていました。G7が終わり円高継続が確認できれば、外資は再び東京に集まると思います。もし円安に世界が動けば手仕舞いが加速される可能性があります。円安、円高どちらにしても、メリット・デメリットがありますので為替で株価を読むのは無理があるのかね。
本日は判断保留。まあ下離れ、上離れどちらのシナリオも用意しときましょう。自分は下離れのケースのみ考えればいいや。

-------------------------------------------------
3.「学び」と「実践」
-------------------------------------------------
本日はお休みです。

-------------------------------------------------
4.明日の経済カレンダー
-------------------------------------------------
6〜7日(土)G7
9日(月)
 1月マネーサプライM2+CD(日銀)
 1月景気ウォッチャー調査(内閣府)
 12月米卸売在庫

-------------------------------------------------
5.独り言
-------------------------------------------------
ストキャスティクス、RSIとも目一杯下げました。ヒステリーに逆らうなら買いかね。裁定買残が急速に消化されましたが、まだまだ高水準ですし、信用買残はますます増加しているし、海外資本の参入なくして、東京マーケットの上昇もないかね。
G7は確かに重要だけれど、日本は国内に目を向けて足場を固めるのが大事だね。為替に一喜一憂している暇など無いよ。

株・投資ランキング

2004年2月5日 (木) 一服

(目次)
1.本日の日経平均(市況概況)
2.日経平均の見通し
3.「学び」と「実践」
4.明日の経済カレンダー
5.独り言
-------------------------------------------------
1.本日の日経平均先物(市況概況)
-------------------------------------------------
2/ 4  OSAKA 10600,10640,10410,10420,65291
    CME  10400,10510,10360,10380, 3554

2/ 5  OSAKA 10370,10480,10350,10470,45866

下げてから戻りましたね。まあG7を前にしてPKOもあったかもしれませんね。油断はできんけどね。

-------------------------------------------------
2.日経平均の見通し
-------------------------------------------------
MACDヒストグラムは上げを観測。そろそろ短期的には戻しの時間なので当然ですね。明日の流れを読むのは難しいが、一応上で見ています。つまり大きな下げはなしということ、この下落が止まったかどうかはまだ油断できないけれど、昨日・一昨日の大きな出来高と本日のMACDヒストグラムの上昇が確認された2点より一応戻りとみます。MACDヒストグラムが上昇を開始して、0ポイントを回復せずに再び沈むケースは急激な下落になります。まさに今回がそれですね。では0ポイントを回復せずに3度沈むことというのはどの程度あるかというと、ほとんどありません。ストキャスティクスとRSIも短期的な下げ過ぎを示していますので、ポイントとしては期待しています。

-------------------------------------------------
3.「学び」と「実践」
-------------------------------------------------
今週の学習図書は「TFブレイクアウト」です。実践的なシステムトレードを勉強してみたいというのが理由。
皆さんもいろいろ勉強していると思いますが、あまりにも多読すると、一つも身につけられないおそれもあり危険ですね。本読んで金が稼げるほど甘くないということで、実践実践てか。

-------------------------------------------------
4.明日の経済カレンダー
-------------------------------------------------
6日(金)
 G7 フロリダ州ボカラトン(〜7日)
 1月米雇用統計
 12月米消費者信用残高

-------------------------------------------------
5.独り言
-------------------------------------------------
SQは今月13日だったのね。今週末だと勘違いしてました。やば。目先戻りの可能性もあるけど、SQまで時間があると10000円を狙ってくる動きもあるはずで、油断ならないね。希望としては売りを飲み込んで、強く踏み上がってくれると嬉しいけど、まあ期待しないで流れを追うとしましょう。
今週末土曜日は、スイカ太郎さん主催のキャッシュフローゲーム大会にいってきます。ラットレースから抜け出すのは難しいのかな?楽しみにしてます。

株・投資ランキング

2004年2月4日 (水) 株はおもろいな。

(目次)
1.本日の日経平均(市況概況)
2.日経平均の見通し
3.「学び」と「実践」
4.明日の経済カレンダー
5.独り言
-------------------------------------------------
1.本日の日経平均先物(市況概況)
-------------------------------------------------
2/ 3  OSAKA 10780,10800,10500,10630,70857
    CME  10620,10670,10605,10645, 2389

2/ 4  OSAKA 10600,10640,10410,10420,65291

今日も結構な投げがでましたね。さてとどう読みますか。売りで入った人はかなり儲かったはずですね。相場は儲かる人もいれば、その逆に損をする人が存在します。
相場は上がったり、下がったりで面白いですね。買い組みは厳しい展開ですけど、上手く対処しましょうね。

-------------------------------------------------
2.日経平均の見通し
-------------------------------------------------
さてと下げの時間はいつまで続くのでしょうかね。SQを前にして仕掛け的な動きも激しいですね。新規のポジションを作り出した人も、この下げで投げていますね。下げの時間帯ですが、上げの時間帯もあるわけで、波を見れば恐れる事はないですね。まあそろそろ上げの時間帯になりますが、何処まで戻るかは読みにくいですね。上値でポジションを取った人も結構いますし、新高値更新は非情に厚い雲がありますので、楽観禁止ですよ。今週末はSQ、G7と大きなイベントもありますし、転換するならそのタイミングですね。デイトレードで売り建てようかとも思いますが、自分の相場観と逆に建てるわけには行かないので止めときました。

-------------------------------------------------
3.「学び」と「実践」
-------------------------------------------------
下げの時間帯が10日続いています。日足ベースでの波動では平均的な下げの長さは10日程度ですので、そろそろ下げも終盤といえます。それだけにここからの下げに勝負をかけるのは危険なわけです。建てるなら買いの時間帯といえます。いろいろな思惑が交錯するG7ですが、G7の結果として、大きく下げたくても下げれない時間帯になりますので、上げの準備が必要になります。
まだ下げの要因となりそうな要因が、新生銀行と積み上がっている裁定買残、期末決算対策の現金化などが上げられます。弱気が積み上がった今こそが勝負の時ではないでしょうか?

-------------------------------------------------
4.明日の経済カレンダー
-------------------------------------------------
5日(木)
 12月景気動向調査速報値(内閣府)
 2月金融経済月報(日銀)
 欧州中央銀行(ECB)理事会
 第4四半期米費農業部門労働生産性速報
 第4四半期米単位労働費用速報
 米新規失業保険申請件数

-------------------------------------------------
5.独り言
-------------------------------------------------
昨日と本日と大きな出来高で推移しています。
どの程度売り圧力を消化できたでしょうかね。
さて明日も注目ですね。

株・投資ランキング

2004年2月3日 (火) 久々の急落
目黒駅 改札

(目次)
1.本日の日経平均(市況概況)
2.日経平均の見通し
3.「学び」と「実践」
4.明日の経済カレンダー
5.独り言
-------------------------------------------------
1.本日の日経平均先物(市況概況)
-------------------------------------------------
2/ 2  OSAKA 10780,10860,10750,10790,35112
    CME  10790,10845,10700,10785, 2760

2/ 3  OSAKA 10780,10800,10500,10630,70857

完璧に曲げてしまいました。昨日上離れと言っておきながら、大きく下に抜けましたね。いやはや参りました。
本日は大きな出来高を伴い下げました。心理的節目である10500円で切り返し、-160円である10640円終了です。

-------------------------------------------------
2.日経平均の見通し
-------------------------------------------------
掲示板でも書きましたが、上げの時間帯は本日否定されました。保ち合い下離れで大きく下げ、大口のストップロスもヒットした形となっています。売り一巡後はレンジを探る動きとなり、先高期待から拾う動きが出ています。
さて今後のシナリオですが、MACDヒストグラムが再び下降線を描き始めたのでこの下げの時間がいつまで続くかという事になります。短期的には上げの時間帯に突入するタイミングなのですが、週足ベースではまだ下げの時間帯ですので、今週一杯、あるいは来週まで上げ波動がかみ合わない恐れがあります。よって売り方が有利な時間帯がつづくとみます。しかしながら、本日出来高を伴って大きく下げた事から、目先灰汁抜けして上昇というシナリオも無くはありません。私は今回の建玉は安売りしませんので、しばらく維持。波乗りは吹き上がって下げのタイミングのみ今後建てるかもしれません。

-------------------------------------------------
3.「学び」と「実践」
-------------------------------------------------
MACDの弱気の乖離は健在でした。
波動が前回の高値を更新したにも関わらず、MACDヒストグラムの波動が前回の波動より弱い場合、大きな下げを示唆しています。本日はまさにその通りでした。
興味がある人は勉強してみてください。

-------------------------------------------------
4.明日の経済カレンダー
-------------------------------------------------
4日(水)
 金融政策決定会合(〜5日)
 1月米ISM非製造業景況指数
 12月米製造業受注指数

-------------------------------------------------
5.独り言
-------------------------------------------------
弱気よ積み上がれと昨日書きましたが、積み上がりましたかね。ここでもう一段の下げがあるようであれば、大きく投げがでるでしょう。センチメントはまだ将来的な強気が多いですね。よって大きな上昇はなかなか難しいようです。今回の下げの分析をされている人も多いと思いますが、ヤフーや新生銀行等の大型株のトピックス組み入れによる先物売りが原因との見方があります。本日の仕掛けはこのスキームとSQを前にした思惑等があると思いますが、急激に下げました。積み上がる裁定買残、決算にともなう換金売りと需給はよろしくありませんが、私は今年は高いと見ていますので、完全に否定されるまで買いポジションの方が精神的に楽だと感じています。

株・投資ランキング

2004年2月2日 (月) 2月相場スタートです。

(目次)
1.本日の日経平均(市況概況)
2.日経平均の見通し
3.「学び」と「実践」
4.明日の経済カレンダー
5.独り言
-------------------------------------------------
1.本日の日経平均先物(市況概況)
-------------------------------------------------
1/30  OSAKA 10750,10840,10730,10780,35960
     CME  10765,10840,10715,10760, 2139

2/ 2  OSAKA 10780,10860,10750,10790,35112

狭いレンジでの動きでしたが、見所はありましたね。午前中は売り込まれた後、直ぐに大きな買いが入り、大きく上昇しました。後場は売り優勢の展開でした。相場が迷っている感がしますが、売りも買いもそれぞれの思惑でポジションを整理しています。現在は大きく動く局面ではなく、市場関係者は冷静で入る時間帯ですので、移動平均線で次の動きを待っている様相です。

-------------------------------------------------
2.日経平均の見通し
-------------------------------------------------
上げの時間帯ですよ。大きく跳ねるには力不足の気がしますが、先週の金曜日から上げの時間に突入しています。センチメントは弱気が台頭していますが、相場が大きく下げない事から、しっかりと拾っている存在を感じさせます。これからの上昇で売り抜けるか、ポジションを保持するかで悩んでいます。弱気よ積み上がれ。

-------------------------------------------------
3.「学び」と「実践」
-------------------------------------------------
本日はお休みです。

-------------------------------------------------
4.明日の経済カレンダー
-------------------------------------------------
3日(火)
 1月マネタリーベース(日銀)

-------------------------------------------------
5.独り言
-------------------------------------------------
さて2月が始まりました。現在は難しい舵取りですが、集中して取り組みたいと思います。センチメントが大分弱気に傾いてきた感じがしませんか?3日間移動平均線上での保ち合いが続いていますが、みなさんはこれをどう捉えていますか?MACDが上昇波動を描き始めた時の保ち合いは、その後の株高傾向があります。これはかなりの高確立で発生しています。レンジ下離れではなく上とみます。
ただし次の上昇が本格的上昇になるかは疑問ですね。

株・投資ランキング

SEO [PR] @J[hr @ Cu`bg SEO