戯言コーナー(コラム) 第1回:【決算なんて大嫌いだ!】
 

第1回:【決算なんて大嫌いだ!】 2003. 9.20

2001年8月17日に会社を設立しました。(週末起業、副業です)

笑わないで聞いてください。会社を設立したきっかけは「金持ち父さん、貧乏父さん」でした。

会社を設立してちょうど2年になります。ちょうど2年後の2003年8月17日にこのサイトを立ち上げたわけですけど、これは本当に偶然です。このコラムを書いていて気づいたぐらいですから。なんか運命を感じるなぁ。

サラリーマンとして働く傍ら、自分でも週末や夜を利用して週末起業を試みたわけです。しかし、設立した当時のモチベーションも何処へやらで、なんと何一つ収入を得ないまま2年が過ぎてしまいました。(ありえねー)
主な理由は起業した当時立てていたビジネスプランに興味がなくなって、やる気がなくなったことが一番です。まあ、お客さんがいて仕事でもあれば頑張り続けれたと思いますが、孤独な作業ですし、モチベーションも落ちて行ってしまいました。

収入が全く無くても訪れるのは決算です。私の場合8月1日〜翌年の7月31日までが事業年度になりますので、その期間の収支を計算して決算を行わなくてはなりません。まあ計算といっても収入が無いわけですから、電卓をたたく必要はまったくありませんでした。(爆)しかし、税務署、県税事務所、市役所に各種届が必要でして、なれていない自分にとって、また相談できる相手もいないので、非常に厄介な作業であります。

特に昨年は、初めての決算ということもあって損益計算書・貸借対照表の作成まですべてやりました。(もちろん金額は0円ばっかりです。)

税務署に0円の決算書を持って行くのは結構嫌なものでした。昨年は訳がわからなかったので、税務署の方に書き方について質問したりといろいろ聞かなければならなかったもので。とにかく面倒くさいです。また、平日に提出する必要があるので、本業の会社も休むことになります。

しかし、今回は2回目です。

収入が0円の決算書類は楽なものです。昨年作ったフォーマットが使えますからね。事業年度の期間を修正するだけですみました。もう楽勝です。昨年とはウソのようにテキパキと作業が進みます。今年は本業が忙しくて、半日休暇しか取れなかったんですが、半日で書類の提出(税務署・県税事務所・市役所)も済ますことができました。昨年は恥ずかしい思いをして出した書類も2年目になると慣れたもので、自信を持って出してきました。(バカです)

私は株式会社でも、有限会社でもなく「合資会社」という法人形態で法人登記をしています。ご存じない方も多いと思いますが、合資会社というのは取締役会なるものは存在しません。よって私の役職は「代表取締役 社長」ではなくて「無限責任社員 代表」になります。かっこ悪いですよね。無限責任社員ですから、会社の責務も個人に降りかかってきます。会社で借金をすれば、私個人でもその責任を負わなくてはなりません。ここが、株式会社や有限会社と違うところです。ですが、個人事業を行うのであれば、法人組織にしてしまうのもいい勉強になりますよ。

さて、話を戻しますと収入無しの会社は年間いくらの維持費(税金)を払わないといけないと思いますか?利益がないので、法人所得税はかからないのですが、なんと年間7万円かかってしまいます。市に支払う金額が5万円、県に支払う金額が2万円といった内訳です 。

過去2回の決算を迎えたわけですが、一銭も儲けていないくせに支払い20万円 超(会社設立時の費用込み)。これじゃ金持ちになれませんよね。ですから今期はなんとか20万円の収入を目指したいと考えています。

会社としてのビジネスは何にしたらいいかなと悩んでしまいます。みなさんアイデアください。

このホームページの運営はビジネスになるのかな?会社として運営させるとなると、個人の資産と明確に分けないといけないし、どうして良いものかさっぱりわかりません。

まあ、このホームページも現在のところ一銭も稼いでいないので、杞憂に終わるかもしれませんが 。(笑)

このホームページでサイト運営のノウハウを得て、私の自称得意分野のマーケティングを組み合わせて是非今期は黒字経営を目指します。今度こそ、元を取ってやると心に誓ったRock+でした。

戯言コーナー(コラム)
 
トップページに戻る

 

SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO