お小遣い帳 をつけるぞ
 

自分のキャッシュ・フローを把握するには、どんな形であ れ金銭管理帳を付ける必要がある。言い方はいろいろあるが、家計簿とか、お小遣い帳 という言葉であれば庶民的だ。金銭的にしっかりしている人であ れば、既に実践している人もいることでしょう。そんなあなたは億万長者予備軍だ。
全然自慢にならないが、自分も過去に何度も挑戦していた。しかし、会社でお酒を飲んだり、出費が連日続くといつのまにか分からなくなってしまい、結局挫折してしまうのだ。そうです、お小遣い帳 を付けるということは非常に大変なことなんです。(頷いてくれる人がいることを信じています。) お小遣い帳 を毎日記帳できているそこのあなたあなたはすばらしい!ワンダフル!私にはとてもできなかった。

しかし、安心して暮らせる老後を実現する為働かなくても生きていける経済的自由を手に入れるためそして自分の両親に親孝行をしてあ げる為、そのためにお小遣い帳をつけろというのであれば、今一度、お小遣い帳 に挑戦してみます。

心機一転、お小遣い帳 をつけ始めました。

集計はパソコンのエクセルで管理。日々の明細はハンディータイプのノートを使用。

以前はエクセルアクセス、MicrosoftのMoneyというソフトを使用していたのだが、2・3日パソコンをつけないと収支がさっぱり分からなくなる。

そこで、日々の細かな支出の把握は、お金を使う度に小さなノートに記入し、そのノートを元に、不定期にエクセルで作成したお小遣い帳 に転記するという方法を取った。二度手間になるが、使うたびにしっかり記録を取れるので安心。

毎日、収支と実際の残高までを確認しているわけではなく、とにかく支払ったものを記録し続ける。

エクセルに転記するタイミングで収支と残高を確認、おかしなぐらいに金額が合わない。(ダメじゃん)  まあ、お小遣い帳をつけるのが目的ではなくて、キャッシュ・フローを確認する為なので僅かな誤差は問題なし。しかし1万円程度ずれる事もあ り、結構焦る。まあよくよく考えてみると定期券を買っていたりする。

お金が一人でに消える事はありえないのだが、お小遣い帳をつけ始めたばかりだと、管理がずさんなのか、1万円なんかあ っという間になくなっている。一週間で不思議なぐらいお金を使っていて、まるでお金が消えて行く感覚に襲われるのだ。

「こんなに金使ったかなぁ?」

まあ、こんな調子でした。

真面目にお小遣い帳をつけていたのだが、毎日持ち歩く記録用ノートがとても使い辛い

第一に、かっこ悪い。使った後にノートを取り出してメモを取る姿はお世辞にも格好よくない。人に見られるとちょっと恥ずかしい。どんなにビシッときめていても、とてもエグゼクティブには見えない。(まあ 実際、エグゼクティブではないけど。)
第二に、ペンをはさめない。メモを取るには当然ですがペンが要る。(私はボールペンを使用) ペンなんて持ち歩かないよ普通。
第三に、計算機能がない。お小遣い帳 をつけると絶対に必要になるのは電卓だ。パソコン版の家計簿ソフトでは必要ないかも知れませんが、ハンディータイプのノート版では必須。ノートに記入していて、今日はいくら使ったのか知りたくなるときがあ る。そんな時、マジで電卓が欲しくなる。

上記の内容を考慮すると、私はどこかに出かけるたびに
1.お財布
2.ハンディー・ノート(携帯用お小遣い帳)
3.ボールペン
4.電卓

の4点を持ち歩かなければならない。

会社にいる間は鞄に上記のものを入れているが、こんなもんは昼休みの食事の際や、休日に持ち歩かない。

「缶ジュース買いに行くのに、いちいちこんなもん持って行くかよ!」(怒!)

こんな調子だから収支が分からなくなるのでは?お小遣い帳が長続きしないのでは?
とにかくムショウにむかついてきた。

やっと分かった。お小遣い帳が続かないのは、私が悪いんじゃない、こんなもんを常に持ち歩けないのが悪いんだ。

さあ、そこでどうしたか?

次回、家計簿機能付き財布誕生!
 
トップページに戻る

 

 

 

 

SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO