レバレッジを追求する
 

Leverage(レバレッジ) = てこの力

この言葉の持つ意味を本当に理解し、この力を利用できている人はどのくらいいるのだろうか?

私たちは大きな物を動かしたいときに「てこの力」を利用する。ご存知のようにてこを利用すると自分の力以上の物を動かすことができるようになる。お金持ちになりたければこのパワーを理解する必要があ るそうだ。

すべての成果物を生み出す根源は自分自身だ。お金を生み出すのも基本的には自分自身の力だ。しかし、自分の力には物質的、時間的制約があ り限界がある。

あなたや私が労働者としてどのくらい生産性が高いかは分からないが、どんなに熟練しても一般の人の3倍の生産性をあ げるのは難しい。

しかしお金持ちを目指すのであれば、今までの何倍もの稼ぎを生み出さなければならない。それはどのようにすればいいのか? それがレバレッジです。

大きな石を動かすのに、自分の力だけで動かそうとしますか?てこや機械を使いませんか?絶対使うよね?
なのになぜお金のことに関すると、収入を得る為の手段としててこを使わない人が多いのであ ろう?

てこを使わないとはどのような状況か?
@自分の肉体的労働による賃金収入。(自分自身の力のみ)
A自分の知的労働による成果報酬。(自分自身の力のみ)
B自己資本による投資

この章では、我々が実際に活用可能なレバレッジを考えてみよう。

レバレッジの例
 
トップページに戻る

 

 

 

 

 

SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO